広告 

白髪用のヘアカラーも意外と便利

就職活動をはじめた学生が、髪を茶髪から黒髪に染めるのに、白髪染めを使用するそうです。
暗い色から明るい色に染めるのは、髪の色素メラニンを減らさなくてはなりませんが、その逆の場合は、メラニン色素を減らす必要がありません。
市販の白髪染めでも、手軽に染めることができます。

 

茶髪から黒髪には、染めやすい

茶髪の方の髪は、髪の色の色素メラニンを減らした状態になっています。
髪を明るく茶髪に染める時に、既に髪の中のメラニンを操作して、減少させているためです。

明るい髪の色から、暗い髪に染める時に効果が発揮できるのは、白髪染めが便利なのですよね。

 

め一杯ド派手に、染めた髪は傷んでいない?

学生時代は、ちょっと目立ちたい自己顕示欲も手伝って、か・な・り・明るい色に染める方が多いですね。
毛染めの後の髪のダメージも無頓着で、あれだけ明るく毛染めをしても、つるつる、さらさらの髪を保っていられるのが、ちょっと不思議です。
髪も若いと丈夫になるのかしらと、ちょっぴり羨ましくなります。

でも、就職活動をはじめる学生時代の後半は、そろそろ髪のダメージに気がつく頃。
元の髪が明るければ、明るいほど、黒髪に戻すための髪の負担は大きいですよ。

 

何かと物入りな就職活動、節約するとしたらヘアカラーかな?

スーツやバックと物入りな時期、ヘアカラーを美容院でやるとなると、沢山のお札が飛びます。
ところで、私の時代は、良かった! 何と言っても、長髪を切るだけなら、それほどお金がかかりませんもの。

 

白髪染めのよいものを紹介

痛んだ頭皮を回復し元の黒髪に戻すのは、入浴時間に自分で染める市販の白髪染めは、意外に便利です。
市販の白髪染めは、髪にも頭皮にも負担がかかると言われていましたが、いま天然成分で何度も染められるものが出ています。
お財布にも優しいですし・・・

スポンサードリンク

人気の利尻ヘアカラートリートメント≪サスティ≫は、染まりにくいという声もありますが、毛染めでボロボロになったキューティクルをコーティングしてくれる働きがあります。

これ以上、髪のダメージを広げないために、面接でハリの無くした髪の印象が、そのままハリのない印象を与えないためにも、元気な髪を取り戻したいところです。
新入社員として企業でバリバリ働く頃は、自分の健康な髪でありたいもの。
こちらから、覗いてみてくださいませ。
 ↓


 

スポンサードリンク